炎のゆらぎ

昨日、一人でカフェに入ったのですが、びっくりしました。
いつもの様にボーっとしていて、でもふと気づいたら、店内で私だけでした、、、
スマホを見ないでボーっとしていたのは。人の話し声はなく、静かな空間でした。

飯田も暖かくなってきて、今日はさすがに薪ストーブの出番はありません。
薪ストーブショールームに来ていただいて、ストーブに火が入っていない時期は寂しい感じです。
「炎をながめる」という最大の行為が出来ないからです。
お店に来ていただいたお客様と、炎をながめながらお話する事が多いのですが、
「炎をみてると飽きないですよね~。時間が過ぎるのを忘れちゃいます。」と
よくお聞きします。炎にはそんな力があると私もいつも実感してます。

私はずばり、ゆらぎだと思っています。不規則な変化なんですよね。
だから飽きないんだと思います。波を見ていたり、鳥の鳴き声を聞いていたり、
ある程度は一定なんだけど、ふと意外な、裏切られたような変化。
春始めの鳥の鳴き声も、まだ慣れていないせいか、ちょっと~と言いたくなるような
鶯の鳴き声なんかはまさにそんな感じです。

前置きが長くなりましたが、薪ストーブの炎の代わりに、おすすめします。ランプです。
ランプの炎をみつめながら、ボーっとする時間はいかかでしょうか?


飯田ショールームスタッフ